浅田真央のプライベートに迫る!果たして彼氏はいるのか?

フィギュアスケートの人気を支える立役者でもある浅田真央は、姉と違いバラエティ番組に多く出演するわけでもなく、そのアスリートとしてのストイックな生活からプライベートが多くの謎に包まれている。

そんな、国民的アスリートである浅田真央の、秘密のプライベートに迫る。
 
 

浅田真央の㊙プロフィールを大胆公開!

20110625_2021621
 
 
 
浅田真央(あさだまお)は、1990年9月25日に愛知県名古屋市に生まれる。身長163cm、体重47kg、血液型はB型。幼少期から姉妹でフィギュアスケートを始め、当時からその才覚を現していた。
 
 
 
高校は、中京大学附属中京高等学校、大学は中京大学体育学部へと進学した。「真央」という名前は、父親が女優・大地真央の大ファンであったことから命名されたという。
 
 
 
スポンサーリンク


そしておっとりした見かけによらず、意外にも浅田真央はアスリートに大切な資質である「負けず嫌い」という性格がかなり強いタイプだと言う。幼少期から、姉に対抗心をメラメラと燃やしていたようだ。
 
 
 
姉である舞は、「お姉ちゃんだし、自分の方が大きいのだから勝つのが当たり前」と言うように考えていたが、妹のほうは、全くそうは考えず、「小さいからと言って、なぜ自分が負け続けなければならないのか」と、負けることを理不尽だと感じていたようだ。
 
 
 
その激しい口惜しさから、一時は「舞なんていなくなればいい」とも思ったという。そんな、激情に身を任せることで、天才フィギュアスケーターとして開花するに至ったのかも知れない。
 
 
 

浅田真央の華麗なるフィギュアスケート人生とは!

PN2011062301000700_-_-_CI0003
 
 
 
幼くして、フィギュアスケーターの才能を開花させていた浅田真央であるが、その経歴はやはり華々しいものである。
 
 
 
2005年世界Jrフィギュアスケート選手権1位、2006年世界Jrフィギュアスケート選手権2位、2007年世界フィギュアスケート選手権2位などなど、近年では、2013年世界フィギュアスケート選手権3位、2014年世界フィギュアスケート選手権1位という、世界的に見ても一流と言っていい結果を残している。
 
 
 
また、2014年4月10日にはギネスブックへの登録もされた。登録された内容は、2014年3月29日に埼玉で開催された「2014国際スケート連盟(ISU)フィギュア世界選手権」において、女子シングルショートで世界新記録の78.66点を獲得したことである。
 
 
 
これまでのショート世界最高得点はキム・ヨナが2010バンクーバー五輪で獲得した78.50点であったが、ライバルのキム・ヨナの記録を塗り替えての更新となった。
 
 
 

国民的アスリート・浅田真央の彼氏とは!?気になる恋愛事情を赤裸々公開!

E6B585E794B0E79C9FE5A4AEE381AEE5BDBCE6B08FE381AFE9AB98E6A98BE5A4A7E8BC94
 
 
 
浅田真央には、これまで彼氏と呼ばれる存在はいなかったようだ。やはり、トップアスリートとして、練習や遠征、大会などで彼氏を作っている暇がなかったのではないだろうか。
 
 
 
スポンサーリンク


高校時代には、彼氏がいたという噂もあったが、そのころも練習優先でほとんど会うことができなかったという。
週刊誌などでは、フィギュアスケートの選手同士で付き合っているのではないかとよく噂になっている。
 
 
 
特に浅田真央は、誰とでもハグをする習慣があるため、高橋大輔などの選手とハグしている写真が掲載されることもあった。裏を返せば、いつも一緒にいる異性が選手仲間くらいしかいないということで、浅田真央には恋愛スキャンダルはほとんどないと言える。
 
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ