全ての女子の憧れ?理想の彼氏の条件とは!

女に生まれたからには、少しでも条件の良い男と巡り合いたいと思うのは当然のこと。

しかし、どんな男が理想かと問われてもパッと出てくる人は少ないのではないだろうか。

そんな、「理想の彼氏」の条件を徹底リサーチしていく。
 
 

理想の彼氏の見た目とは!?

141029_shinchousa-rank
 
 
 
女性が男性に求める理想の身長は、1位・176~178cmが27.8%、2位・173~175cmが21.6%となっている。
 
 
 
スポンサーリンク


次いで3位・179~181cmが15.7%となっており、高身長であればあるほど良いという訳でもないことがわかる。
 
 
 
また、 4位・170~172cmが14.4%に対して、 5位・182~184cmが8.9%と、かなり開きがある。高すぎるよりは、若干低いくらいのほうが人気があるようだ。
 
 
 
体型は、ガリガリな痩せ型やゴリゴリなマッチョ体型は人気がなく、いわゆる細マッチョに人気が集中しているという。また、ルックスに関しても、割と普通の顔、いわゆる「フツメン」が人気で、不細工はもちろん、イケメン過ぎるのも敬遠される傾向にあるのだと言う。
 
 
 
イケメンであれば、浮気の心配が大きいというのが理由だとか。
 
 
 

理想の彼氏の中身とはいったい!

20130607101749-2988-17_raw
 
 
 
外見については、平均よりも少し上のレベルが好まれていることがわかった。そうすると、気になるのは彼氏の理想の中身である。まずは性格だが、マメで真面目な人というのが人気だ。
 
 
 
とにかく、理想の彼氏の条件としては、彼女である自分に一途であるというのが第一条件であるようだ。その上で、最近ではドライブやお家デートなど、お金をかけずに2人でじっくり楽しめるデートなどが流行っているため、ユーモラスであればなお良いと言う意見が多い。
 
 
 
会話を盛り上げてくれたり、知性が見えるのが楽しい時間に繋がるのである。それと同様に、自分の話をしっかり聞いてくれたりといった、聞き上手な面も求められている。
 
 
 
経済面に関しては、結婚しても共働きで、と考える女子が多いようで、最近では、彼氏に対してあまり多くの収入は望んでいないようだ。しかし、せめて自分よりは多くもらっていて欲しい、デートの際は割り勘でも少し多めに出してくれるというような配慮が欲しいといった意見は未だ根強い。
 
 
 

3高はもう古い!時代は3平!そして4低へ!

aLqD5Q6I_400x400
 
 
 
理想の彼氏の条件として、バブル時代から有名だったのは、「高学歴・高収入・高身長」の3高である。景気が上向きの時代には、いかに自分に派手な遊びをさせてくれるか、いかに友達に自慢できる彼氏かどうかが重要視されていた。
 
 
 
しかし、バブルが弾け、景気が悪化していくにつれ、理想の彼氏像も変わってきた。「3平」と言われる、「平均的年収・平凡な外見・平穏な性格」である。
 
 
 
あまりにハイスペックだと、自分に自信が持てなくなるし、誰かにとられてしまうのではないかと不安になるということで、安定した付き合いをしていく上で3平が流行っていた。
 
 
 
スポンサーリンク


そして、また新たに理想の彼氏像が現れた。それは、「4低」である。4低とは、すなわち「低姿勢、低依存、低リスク、低燃費」のことだ。低姿勢とは「女性に威張らない」ということだという。
 
 
 
モラハラという言葉が目立つようになってきた昨今では大切な要素である。低依存とは「家事を女性に頼らない」ことである。女性も社会に出ることが当たり前となっているため、男性が家事をすることも当たり前という認識になりつつある。
 
 
 
低リスクとは「リストラされない」ことで、そして4つ目の低燃費は「節約できる男」ということである。高い経済力よりも、安定を望む昨今らしい結果である。
 
 
 

サブコンテンツ

このページの先頭へ